10 November

鞣し作業の行程表





え?HTMLで遊ぶのは要らない?

ここではとりあえず簡単に行程を説明します。

開始日時はアメリカからの鞣し材の到着によるので未定ですが、見学希望の方は、この行程表を参考にだいたいいつ位に来ればいいかの参考にして下さい。

(なお、見学希望の方は、必ず事前にご連絡を下さい。078-594-7554、OGLALA岡居宏顕。10:00〜18:00。時間外の電話はご遠慮下さい。見学希望者が多数の場合は、お断りすることもありますので、必ず電話にて確認下さい。さらに、未知の方に関しては、今回は申し訳ありませんがご遠慮下さい。出来れば既知の方のみでお願いします。そして、熊を供養する気持ちのある方のみに限らせて頂きます)



1日目

タツさんより熊の生皮到着
一晩外気に触れさせて解凍。

2日目

生皮を台所用洗剤で洗浄。
脂肪面、毛面共にBorax(ホウ砂)をふりかける。
水分をこすり落し、毛面をドライアーで乾燥させる。毛面が乾いて来たら、フレームに張る。皮の具合を見て、脂肪等の削ぎ落としが始められそうであれば、削ぎ落とし開始。
削ぎ落しが完了したら、脂肪面に塩を盛り上げて脂肪面を内側に巻き上げてインクライン・ベンチに乗せて脱水。1日から2日、そのままにしておく。

3日目

塩盛りにして2日ほど経過したら、塩を一旦揺すり取って、新しい塩を盛る。前回も今回も、塩の量は皮の重量と等しいか、それ以上。さらに1日置いておく。

4日目

塩を揺すり落として、風通しの良い所で皮を広げるか、物干竿にかけて、カラカラに硬く乾燥させる

5日目

100Lの水に24kgの塩を混ぜた強食塩溶液に10〜24時間漬け込む。充分にほぐれて柔らかくなったら、セーフティー・アシッドに漬け込む。溶液は100L水:12kg塩:766ccセーフティーアシッド。Phレベルを2.0以下(通常1.1)に保つ。塩分計で40%以上を確認する。このまま最低3日間漬け込む。完全に漬かると、皮の色が乳白色で半透明に変わる。

6日目

充分に漬かったら、引き上げて1時間かけて脱水する。もし皮が厚いようであれば、鞣し液が浸透しやすい厚さまで皮を削ぐ。残っているメンブレイン等、不必要な部分は出来るだけこのステージではぎ取る。メンブレインは軽石で擦りとると良い。少しでも剥いだ部分があれば、もう一度、最低24時間、セーフティー・アシッド溶液に漬け込む。はぎ取り、漬け込みが完了したら、油脂を専用洗剤RD-601で取り去る。RD-601の今号比率は水1ガロン(3.785L):1カップ。10〜15分溶液の中で洗浄後、洗い流す。完了したら、もう一度セーフティー・アシッド溶液に戻し、最低24時間置く。

7日目

溶液から出して、一時間脱水後、中和剤に漬け込む。中和剤の混合比率は、100L水:820g Sodium Bicarbonate(重曹)。漬け込み時間は20分。漬け込みの間中、かき混ぜる。その後、完全に溶液を洗い流す。一時間かけて水分を抜く。
次に鞣し液を準備する。鞣し液の混合比率は、水分量で計算する場合、100L水:6kg塩:鞣し溶液740g。脱水後の皮の自重で計算する場合、自重1ポンド(454g)につき、2L水:1/2オンス(アメリカ・オンス28g。薬品オンスは31g)。どちらの計算式でも、外気温度を華氏65-75(摂氏18〜24)に保つ。そのまま16〜20時間漬け込む。どんな皮でも24時間以内に漬け上がるので、それ以上は絶対に漬け込まない。

8日目

鞣し液から取り出して、20分脱水する。脂肪面を上に向けて広げる。ペイントブラシで水と鞣しオイルの1:1の混合液を塗りこむ。水は水道から出る位のレベルの熱いお湯を使い、熱いうちにオイルと混合する。この作業は室温で行う。塗り込んだら、真ん中から折って丸め、温かい場所に4時間から6時間放置して浸透させる。
次にフレームに皮を張り、95%程度乾燥させてSTAKEツールを使って皮を伸ばす。完全に乾燥すると皮が割れるので、乾燥し過ぎたらスポンジで湿らせて、プラスチック・バックに入れて、冷暗所で一晩置き、翌日乾かして95%程度の乾燥状態にして作業する。思ったより柔らかくならないようであれば、オイルのプロセスをもう一度する。その後完全に乾燥させる。

9日目

皮面が完全に乾燥したら、サンドペーパーを使い、完成。



当初予定していた脳漿鞣しと違い、ステージとしては2日目のスクレイプ(脂肪等のはぎ取り作業)以外の部分は、漬けたり洗ったりばかりなので、見学されても訳がわからないと思います。なので、見学されるとしたら2日目が良いと思われます。時間が合わない方は、後に予定している鹿革のドライ技法による脳漿鞣しを見学されてはいかがでしょうか。

尚、上記のメソッドは今回使用する鞣し材を製造販売しているRittel's Tanning Supplyのブルース・リッテルさんのものですが、数カ所、脳漿鞣しのテクニックと、アメリカの掲示板で友人達に教えてもらったテクニック、自分自身で考えた要素をミックスしています。

また、大量の薬品等を使用しますが、排水等、充分な中和を考えて、所定の経路による排水を致します。




19:51:22 | hilo | No comments |

28 October

バッタの如し



昨日の日記で触れたBruce Rittelさんから直々に、非常に丁寧な秋熊の鞣し方を教えてもらった。
秋熊は、ともかく脂肪が厚くて、毛は抜け替わる途中で、ただひたすら難しいイメージしか持っていなかったんだけど、ブルースさん曰く、「逆。簡単。脂肪は厚いけど、取り除けばいいんだよ。その分皮膚が非常に薄いから、鞣し液が浸透しやすくて、結果的にはいいんだ。確かに冬グマの方が毛皮的には無比の温かさで上質だけど、経年変化後の脱毛という点で考えると秋グマが有利だね」との事。
で、その上で、自分の所の商品の宣伝になるんだけど、でも非常に丁寧にそれぞれに含まれている物質と、化学変化等を教えてくれて、なるほど、だから効くのか。。。と非常に納得出来た。

正直、対・個人に対してボスが直々に、ここまで丁寧にメイル書いてくれる事自体が驚きだ。
その上、「ちょっとでも困った事があったら、すぐに私に相談するように」とのアドバイスだよ。。。く〜、泣かせるねえ。。。リッテルさん。。。。分かりましたよ。買いますよ。あなたのアドバイス品。。。。また泣かせる事に、意外にムチャクチャ安くて、しかも「これは日本でも手に入るだろうから、ドラッグストアに行きなさい。。。」等。結果的に送料の方が高くつく位。


僕も隠せないタチだから、他の職業細工師に迷惑かけない程度に、結構丁寧にアドバイスする方だし、商売的でない部分もあるけど、彼はすごいや。

あ、言っときますけど、礼儀正しく無い人とか、失礼な人には僕はアドバイスなんかしませんよ。
だいたいね、僕が作ったものを、写真ででもまともに見た事すらないくせに、アドバイス求める方がおかしいんですよ。
やっぱね、心から、「すごいな〜」って思ってじゃないと、僕だったらアドバイスなんて求めれないですよ。でないと、例え相手がアドバイスくれても、心に響かないでしょう?相手に時間をかけさせるのに、失礼ですよ!
だから、僕の商品、ちゃんと見ていない人なんかにアドバイスなんかしても、こっちは時間の無駄なんですよ。僕はいつでも真剣なんだから!キチンとアドバイスを求められたら、何冊も本を読んで、自分でもやってみて、本当にもの凄く時間をかけてアドバイスしてるんだから!
分かりましたか!?OOOさんにXXXさんにQQさんに、それから、、、、、、 そういう人は、もう僕の日記を見もしてないだろうけど。

話がすごく脱線して、不満の大爆発になりましたが(笑)、彼の姿勢、共感出来ます。また一人、尊敬出来る人が現れました。

もう、最近、尊敬出来る人だらけで、あ〜あ、俺、腰が低くなる一方だよ。。。
バッタの様におじぎしてます。







11:49:23 | hilo | No comments |

27 October

RITTEL'S TANNING SUPPLIES



すごくいい人なんだけど、いつもネガティブに物事を考えるタンナー(鞣し職人)から、「もしあなたがこのプロジェクトを成功させたいのなら、脳漿やミョウバンはあきらめさい」というアドバイスが来た。かわりに勧めているのが、アメリカで剥製材料なんかで有名な店の鞣し材料。(多分居ないと思うけど、もしかしたらこの情報が役に立つ事もあるかもしれないのでアドレス載せておきます。RITTEL'S TANNING SUPPLIES
早速インストラクションをダウンロードして検討してみたんだけど、なるほど、多分これをやれば素人の僕でも簡単なんだろうなとは思うんだけど、やってみたい!っていうトキメキが無いんですよね。今まで、それで突き動かされて来たもんだから、ここで安全なところに着地するのもシャクでね。
実はバックスキンにするのなら、簡単らしいんですよ。要は、バクテリアが繁殖して、毛が抜けてしまうのを防がなければならないんですよ。毛を定着させるのがともかく難しいらしい。成功した様に見えても、師匠(ディキシーさん)曰く、本当の結果が分かるのは3年後だそうで。。。

あと、初秋の熊で大変なのは油脂のすごさだそうで、結局これを落とさない事には鞣し液が浸透してくれないんですよね。それで色々と中性洗剤なんかを試しているんですが、アメリカのタンナーが失敗してるのは、ここでヤケになって強烈な洗剤を使ってしまうからではないのかな。。。ほら、日本のに比べて、アメリカのってすごそうでしょ?手荒れが(笑)。
アチレアの斉藤さんから、「洗剤は使わないで、出来るだけスクレイパーで落とした方がいい」ってアドバイスを頂いているし、僕もこの、脂落しが天王山になりそうだな。



昨日昼間、配偶者は不在。
「・・・・・・・・だからね!」
「はあはあ、わかった」
生返事したけど、飯を置いておくとか、そんなことだったな。
冷蔵庫を開けてみる。なになに?・・・・・・・
「よかったら食べて」
「よかったら食べて」
「牛丼」
・・・・・か。了解りょうかい。ありがとさん。・・・・ん?
サラダの皿に、「よかったら食べて」を消して「食べなさい」と書いてある。
ちょっと受けた。







15:33:08 | hilo | 2 comments |

26 October

皮の構造



写真を沢山載せているので、画像容量がいっぱいになってきました。そこで過去の日記から、写真を削除していこうと思います。写真、何故か人気があるので、もし必要な方いらっしゃったら、早めにダウンロードしといて下さいね。

前に書いた、ロッキー山脈の麓の友人からの”友情のスクレイパー”が、昨日届いた。
お礼かたがたメールしたら、「おお、はやかったな!さて、これでヒロも選択肢が増えたな。一つが駄目なら、他があるってことだよ。あ、針はフレームに革を張るのに便利だから。それから・・・・」と丁寧なアドバイスをくれた。




何故かウチの商品をブックマークにしてくれた。

僕の行動理念(?)は、
「得たものは、分配、共有すべし」
てことなのらしいし(笑)、熊の鞣し話、結構楽しみにしてくれている人も多いので、ちょっとこれから得られた知識を簡単に紹介して、共有出来れば、と思います。きっとこれから僕の後を追っかける細工師の人も出てくると思うので、参考になれば、と思います。ただし、僕自身、まだ鞣した事が一度も無いので、手探りで勉強していってる次元です。友人の話をそのまま転載していったりもします。当然僕の勘違い等もありますので、どうかそれをお忘れなく。転載時、また、何か自分で始める時には、考証をお忘れなく。また、もしエキスパートの方、見てらっしゃったら、間違い等ありましたら正して頂けると嬉しいです。

では今日は、皮(獣皮)の構造の解説。

=========================
「皮の構造」

〜図はSteven Edholm & Tamara Wilder 「BUCKSKIN ~ The Ancient Art Of Braintanning」より転載、参考文献等は、同書及びアチレア・ウェブサイト内「タヌキの皮なめし」、及び図解解剖学事典等〜



図の通り、皮は4層に分かれています。
外から見て(図で言えば上から)一層目はEPIDRMIS(表皮)、次ぎがGRAIN(吟面ー所謂表革部分)、次ぎがFIBER NETWORK(バックスキン部分)、一番下、肉面に接するのが、MEMBRANE(結合組織)です。
所謂表革というのは、EPIDERMISを剥がして、GRAINからFIBER NETWORKまでを使用します。ビーズ細工等で主に用いられるバックスキンは、このFIBER NETWORK部分を使用します。MAMBRANEはいずれの場合にも不要で、鞣し作業には非常に邪魔になります。というのも、非常に組織が密で、鞣し材が皮に浸透するのを妨害するからです。よって、鞣しの際には、鞣し材を浸ける前に取り除きます。
あ、ちなみに、「鞣す」というのは、基本的に、「皮」を柔らかくして、「革」にすることです。

脳漿鞣しには沢山やり方がありますが、主なものはドライスクレイプ技法とウェットスクレイプ技法です。図の様に、ウェット技法はドライ技法よりも革の浅い面(GRAIN寄り)を削ぎますが、ドライ技法はより深い面(FIBER NETWORK寄り)を削ぐテクニックです。ちなみに、毛皮に仕上げる場合は当然GRAINを削りません。裏面のMAMBRANEと脂肪等を取り除くだけです。

次回は、何故ドライと呼ばれ、ウェットと呼ばれるのか、また、各テクニックの利点と短所を解説します。

======================

今日は朝のうち、ゴミを出しに行った時、非常に奇麗に晴れていた。



配偶者が扉を開けっ放しにしていたら、三毛が家を覗き込んでいたらしい。
アイ ライク ミケニャン。







16:35:09 | hilo | 28 comments |

24 October

ジョイ対ユーゲル、脂落し対決!



風邪で、いつになくとても可愛い声になった、鬼の担当者さんから電話。「熊、楽しそうですね〜。ウチの商品やってる気配無いですね〜(怒)」。

やってますがな。。。ショップ受注日9月3日。ほらほら、うち、納期2ヶ月!ということは、僕んとこに土台が届いてから、まだ一ヶ月しか経っていな〜い!ね!?
ウソウソ、頑張ります。くわばらくわばら。。。急ぎの分は、受注段階で納期予約お願いします(笑)


と、鬼担当者さんの様に、僕が最近仕事をしていないと思われている方も居るかもしれないので、言うときますが、熊の事は、一日のうち、1、2時間程度しかしてません!熊は僕を食べさせてくれません!働かなくては、配偶者を食べさせられません!

「働いてるのは分かったけど、熊に必死で、製作が適当じゃないの?」

なんですと!?書いてはいませんけどね、熊に注ぐ情熱の10倍は注入して新技術の研究等、ますます盛んにやっているんですぞ!嘘だと思うなら、最近の作業日誌、見て下さいよ!
もうね、最近は「僕自身が欲しくてたまらなくなる!」をかけ声に作ってますので、本当、赤字でジックリと一つ一つを作らせて頂いてますよ!現に欲しくてたまらなかったので、自分用にキーホルダーとライターケース、作っちゃいましたからね!正に今が買いです!自分で言うのは恥ずかしいですが、OGLALA商品、今、本当、格好いい(しかも、これからまだまだ伸びて行きますよ!)!自分で本気で思ってます!
なのでね、お店の皆さん、オーダー下さっている皆さん、さらにはオーダーを今入れようかどうしようか、なやんでらっしゃる皆さん!大丈夫です!ど〜んときてやあ。まかしてやあ。


・・・ということで、本日の熊話(笑)。

先週末、熊の脂を取り去る為の洗剤候補、ユーゲルをホームセンターなんかで探したものの見つからなかったので、ネットで購入しようと、販売店の会員登録をし、購入画面に進んで行ったのだが、最終確認の所で初めて送料が出て来て驚き!商品代金700円弱で代引送料800円!まあね、6キロ入りだから、分かるんだけど。でもしゃくなので、月曜日にユーゲル化学工業に問い合わせて近隣の取扱店を紹介してもらう事にした。
で、昨日実家近くのホームセンターでコロのオモチャを選んでいる時、ふと思いついて店員に尋ねたら、ありました。ユーゲル。しかも500円強。やりました。
早速、家に帰って、油を入れていた容器を試してみた。
ウム。ナカナカの手応え。要は研磨剤の様なものなので、シャリシャリ感が「あ〜、油を落としている」という感じがする。また、手洗剤なので、指紋の中にまで入り込んで、落としてくれている感じがする。
実際に、非常に短時間で油は奇麗に落ちた。また、研磨剤だろうから、傷を覚悟でガラスの容器を洗ったのだが、かえって曇りが奇麗に取り去られて驚いた。
ただ、ぬめり感がいつまでも消えないで、その分すすぎに若干時間がかかる様に思った。ちなみにユーゲルは最初は水が要らず、粉を手でこすり合わせて使う。水が要るのはすすぎの時だけだ。

今朝、近所の薬局の新聞折広告で、皿洗い洗剤のジョイ各種が特価になっているのを発見。
ジョイは油汚れに効くとよく聞くなあ。で、4種類程ある。パワープラス、オレンジピール、除菌、除菌プラス緑茶成分。
で、発売元のP&Gのウェブサイトを調べてみたが、結局のところ、違いはよく分からなかった。成分も一緒。
僕の求めているのは、バクテリアの発生を出来るだけ抑える事と、油落し。ということなので、まああえて選ぶとしたら、パワープラスと除菌とか。
で、10時の開店を待って、買ってきました。

羊の毛皮鞣しなんかでは、ここでモノゲンを使うそう。モノゲンって洗濯石けんですよね。まあ、羊毛だから当然なのか。ここの薬局ではモノゲンは売っていなかった。また今度どこかで見つけたら、成分を確認してみよう。もしかしたら、ホウ砂が入っているかもしれない。それであれば、バクテリアの発生を抑える事が出来るので、熊も毛皮面を洗うのに良いかもしれない。

そうそう、余談ですが、P&Gもユーゲル化学も、阪神工業地帯に位置するんですよ。なんかね、ちょっとね、お世話になるくせに、ゲ〜っと思いました。

さて、そこで実験してみました。果たしてジョイとユーゲルはどちらが油脂落しに効くのか。
個人的にはユーゲルに勝って欲しいところ。最初に水を使わなくて済むと言う所も、アドバンテージになります。

実験は非常に適当なのですが(笑)、ベロアを少し2枚切って、換気扇のファン一枚を、各一枚で拭きました。それでベロアにこびりついた油脂を、全く同じ方法で洗ってみました。



ジョイを使う方が沢山油脂がついていますね。



ちょっと見にくい写真ですが、
1、全体を濡らして、それぞれに適量をかけ、泡が出なくなるまで充分に指により表面をこすったところ。右側、ジョイの方が、表面に膜を張っている様に、光沢の層が出来た。左側、ユーゲルは成分が内部に染み込んだ様になった。
2、5分間放置後、水で充分にすすいだ後、強く絞ったところ。ジョイは均等だが、ユーゲルの油のシミが妙な色をしている。
3、絞り水を見ると、ユーゲルは普通に透明だが、ジョイの方は、茶色。革の色も若干薄い様に見える。もしかして脱色したのか。または油の抜けた色か。
4、自然乾燥後。ユーゲルは濃いまま大分残っているが、ジョイは全体に薄くなっている。乾燥後の革色は殆どおなじだったので、絞り汁が茶色だったのは抜けた油かもしれない。

ユーゲル支持の僕としては、ちょっとショックでした。。。
でも原液を使ったにしては、手あれもそれほどなかったので、これはジョイを使う事になりそうです。




野良猫シェルターの屋根でくつろぐチビ。









19:35:45 | hilo | 2 comments |