Complete text -- "ジョイ対ユーゲル、脂落し対決!"

24 October

ジョイ対ユーゲル、脂落し対決!



風邪で、いつになくとても可愛い声になった、鬼の担当者さんから電話。「熊、楽しそうですね〜。ウチの商品やってる気配無いですね〜(怒)」。

やってますがな。。。ショップ受注日9月3日。ほらほら、うち、納期2ヶ月!ということは、僕んとこに土台が届いてから、まだ一ヶ月しか経っていな〜い!ね!?
ウソウソ、頑張ります。くわばらくわばら。。。急ぎの分は、受注段階で納期予約お願いします(笑)


と、鬼担当者さんの様に、僕が最近仕事をしていないと思われている方も居るかもしれないので、言うときますが、熊の事は、一日のうち、1、2時間程度しかしてません!熊は僕を食べさせてくれません!働かなくては、配偶者を食べさせられません!

「働いてるのは分かったけど、熊に必死で、製作が適当じゃないの?」

なんですと!?書いてはいませんけどね、熊に注ぐ情熱の10倍は注入して新技術の研究等、ますます盛んにやっているんですぞ!嘘だと思うなら、最近の作業日誌、見て下さいよ!
もうね、最近は「僕自身が欲しくてたまらなくなる!」をかけ声に作ってますので、本当、赤字でジックリと一つ一つを作らせて頂いてますよ!現に欲しくてたまらなかったので、自分用にキーホルダーとライターケース、作っちゃいましたからね!正に今が買いです!自分で言うのは恥ずかしいですが、OGLALA商品、今、本当、格好いい(しかも、これからまだまだ伸びて行きますよ!)!自分で本気で思ってます!
なのでね、お店の皆さん、オーダー下さっている皆さん、さらにはオーダーを今入れようかどうしようか、なやんでらっしゃる皆さん!大丈夫です!ど〜んときてやあ。まかしてやあ。


・・・ということで、本日の熊話(笑)。

先週末、熊の脂を取り去る為の洗剤候補、ユーゲルをホームセンターなんかで探したものの見つからなかったので、ネットで購入しようと、販売店の会員登録をし、購入画面に進んで行ったのだが、最終確認の所で初めて送料が出て来て驚き!商品代金700円弱で代引送料800円!まあね、6キロ入りだから、分かるんだけど。でもしゃくなので、月曜日にユーゲル化学工業に問い合わせて近隣の取扱店を紹介してもらう事にした。
で、昨日実家近くのホームセンターでコロのオモチャを選んでいる時、ふと思いついて店員に尋ねたら、ありました。ユーゲル。しかも500円強。やりました。
早速、家に帰って、油を入れていた容器を試してみた。
ウム。ナカナカの手応え。要は研磨剤の様なものなので、シャリシャリ感が「あ〜、油を落としている」という感じがする。また、手洗剤なので、指紋の中にまで入り込んで、落としてくれている感じがする。
実際に、非常に短時間で油は奇麗に落ちた。また、研磨剤だろうから、傷を覚悟でガラスの容器を洗ったのだが、かえって曇りが奇麗に取り去られて驚いた。
ただ、ぬめり感がいつまでも消えないで、その分すすぎに若干時間がかかる様に思った。ちなみにユーゲルは最初は水が要らず、粉を手でこすり合わせて使う。水が要るのはすすぎの時だけだ。

今朝、近所の薬局の新聞折広告で、皿洗い洗剤のジョイ各種が特価になっているのを発見。
ジョイは油汚れに効くとよく聞くなあ。で、4種類程ある。パワープラス、オレンジピール、除菌、除菌プラス緑茶成分。
で、発売元のP&Gのウェブサイトを調べてみたが、結局のところ、違いはよく分からなかった。成分も一緒。
僕の求めているのは、バクテリアの発生を出来るだけ抑える事と、油落し。ということなので、まああえて選ぶとしたら、パワープラスと除菌とか。
で、10時の開店を待って、買ってきました。

羊の毛皮鞣しなんかでは、ここでモノゲンを使うそう。モノゲンって洗濯石けんですよね。まあ、羊毛だから当然なのか。ここの薬局ではモノゲンは売っていなかった。また今度どこかで見つけたら、成分を確認してみよう。もしかしたら、ホウ砂が入っているかもしれない。それであれば、バクテリアの発生を抑える事が出来るので、熊も毛皮面を洗うのに良いかもしれない。

そうそう、余談ですが、P&Gもユーゲル化学も、阪神工業地帯に位置するんですよ。なんかね、ちょっとね、お世話になるくせに、ゲ〜っと思いました。

さて、そこで実験してみました。果たしてジョイとユーゲルはどちらが油脂落しに効くのか。
個人的にはユーゲルに勝って欲しいところ。最初に水を使わなくて済むと言う所も、アドバンテージになります。

実験は非常に適当なのですが(笑)、ベロアを少し2枚切って、換気扇のファン一枚を、各一枚で拭きました。それでベロアにこびりついた油脂を、全く同じ方法で洗ってみました。



ジョイを使う方が沢山油脂がついていますね。



ちょっと見にくい写真ですが、
1、全体を濡らして、それぞれに適量をかけ、泡が出なくなるまで充分に指により表面をこすったところ。右側、ジョイの方が、表面に膜を張っている様に、光沢の層が出来た。左側、ユーゲルは成分が内部に染み込んだ様になった。
2、5分間放置後、水で充分にすすいだ後、強く絞ったところ。ジョイは均等だが、ユーゲルの油のシミが妙な色をしている。
3、絞り水を見ると、ユーゲルは普通に透明だが、ジョイの方は、茶色。革の色も若干薄い様に見える。もしかして脱色したのか。または油の抜けた色か。
4、自然乾燥後。ユーゲルは濃いまま大分残っているが、ジョイは全体に薄くなっている。乾燥後の革色は殆どおなじだったので、絞り汁が茶色だったのは抜けた油かもしれない。

ユーゲル支持の僕としては、ちょっとショックでした。。。
でも原液を使ったにしては、手あれもそれほどなかったので、これはジョイを使う事になりそうです。




野良猫シェルターの屋根でくつろぐチビ。









19:35:45 | hilo | |
Comments

トモトモ wrote:

ジョイが勝ちましたか♪
ってコロちゃん!勝利の画像も(笑)
最近、重曹が取り上げられてますが
洗面台なんかピカピカになるけど
脂汚れにはダメなのかなぁ〜
ジョイと混ぜてみますか!?
粗塩みたいだから革痛めるかもね。。。

今の商品、かなり素敵なんですね♪
OGLALAさんノってるんですね♪
WHOL・岡林君どうするべや?(笑)
10/25/06 08:32:15

hilo wrote:

あ、重曹ね。ありがとうございます。実は重曹はミョウバンを使った鞣しの際に、鞣しを止める(中和する)のに使うのですが、使えって言う人と、使うなっていう人が居るんです。多分、仰る様に、革を痛めるのでは無いかな。。。すぐでは無く、数年後にボロボロに。でも重曹が油を落とせるかどうかは興味があります。ちょっと調べてみますね。ありがとう!

そうそう。岡林さんを煽って下さいよ!新作(改良)ライターケース、ごっついいいですよ!両面ビーズだから裏返ってもきにならないし。僕、ずっと着けてます。
10/25/06 10:35:05
Add Comments
:

:

トラックバック
DISALLOWED (TrackBack)