Complete text -- "心ある人2〜殺され方にこだわる理由〜"

31 October

心ある人2〜殺され方にこだわる理由〜



少し前に某サイトで非常に問題になった写真があります。中国からのもので、ハイヒールを履いた、結構可愛らしいお嬢さんが子猫を大事そうに抱いて現れるのですが、突然それを踏み殺すという衝撃的なものです。僕はうかつにも見てしまい、非常にショックでした。
その後、この写真は世界中に流れ、大きな問題となったために、中国政府もほってはおけず、国家の威信をかけて、大々的に犯人探しを展開した、という話を聞きました。

が、一方で、中国の毛皮の生産現場では、ウサギ、タヌキ(ハクビシン)、猫等を、生きたまま吊るして生皮を剥いでいます。これも不覚にも僕はビデオを見てしまいました。

少し前、今シーズンのOGLALAの爪のシリーズの紹介の際、ウチは爪モノはよく出所の分からない所では購入していないので、常時供給が出来ない事を説明しました。
爪ものは、ともかく良く売れるので、取扱店としては常時欲しい商品ではないかと思うのですが、みなさん事情を話すと、よく理解して頂いて、快くお待ち下さっています。

僕は、お客様に商品を提供する身として、使用する動物のパーツが、どのようにして死んだのかには、やはりこだわります。

ちなみに、「いや、これはアメリカ製。アメリカのウサギだから大丈夫」と思われる方も多いと思うし、アメリカのクラフトショップからウサギ等のパーツを仕入れている方も多いと思いますが、それはほぼ、中国からの輸入です。

そうやって事実を知って行くと、信用出来るハンターを見つけるしか無いんですよね。アメリカのハンターでも、日本のハンターでも、皮だけとって、あとは放置する人が居るのも事実なんです。ミクシの銃のコミュニティーなんかでも、クロクマをアメリカまで撃ちに行って、皮だけ剥いで、あとは放置して帰って来た事を自慢している日本のハンターも居ました。

毛皮を着るなとは言わない。人間は生態系の頂点に立つ存在として、殺さなければいけない動物もあります。そこで生まれる副産物を出来るだけ利用してやる事も供養だと思います。

こうやって書くと、僕が革の出所やなんやにこだわる理由、それほどマニアックではないでしょう?(笑)
かえって、真剣に考えたら、当然行き着く一つの場所だと思うんですよ。


配偶者のご両親から、偶然に角酒を頂きました。なんてすごいタイミング!丁度熊に捧げる酒を買おうと思っていたところだったんですよ!やはり、この熊、本当に神様に望まれてウチに来るんですね。






14:10:26 | hilo | |
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック
DISALLOWED (TrackBack)