Complete text -- "重いコンダラ、雪山へ。"

06 January

重いコンダラ、雪山へ。



昨日タツさんと話していて、「足手まといになるから、猟に連れて行ってくれとは言わないけど、タツさんが猟に出ようとしてるとことか写真撮らせて下さい」ってお願いしたら、「いや、猟、来て良いですよ。むしろどれだけ大変か体験して欲しい」と言って頂きました。それを配偶者に話したら、配偶者も「タツさん、本当になんて大きな人間なんだろうね」と驚いていました。
本当、そうですよね。足手まといになるの確実ですからね。それだけ根性でついて来るだろうって信用して頂いている部分もあるのかなと、自惚れてみたりもするのですが。でも仮に根性出してついていけても、匂いとか殺気とかね。足手まとい確実なのに、まあなんて大きい人なんだろ。。。
腰まである雪をラッセルして道を作って歩いたことあります?マタギでも一人15分ぐらいしか保たないそうですよ。僕は昔登山が好きだったので何度かあるんですが、登山と猟で山に登るのって根本的に違うらしいんですよね。
タツさんはその雪山を24時間踏破して賞金を獲得した人。
これは、重いコンダラで鍛えなきゃあいけませんね。

来年になるかもしれないけど、絶対に行って来ます。




10:16:29 | hilo | |
Comments

Leo wrote:

うああぁ・・チャレンジャーですね!!
体力的なものもそうですが、熊とのバトルも想定するわけですよねー!
熊も人に会いたくは無いと聞きますが、やっぱりデンジャラス!
当日はぜひとも洗濯したパンツをはいて・・
01/07/07 00:45:48

hilo wrote:

まあ、狩猟免許ないですからね。。。動脈を噛まれない方法を今から勉強しようと思います。熊とは力が違うので、格闘家でもかなわないと思うんですよ。
でも滅多に会える存在では無し、また僕は素人だから、会えるようなら、逆にタツさんに迷惑をかけなかった事になるのかな。。。?
なにせ山の入り口でギブしないように頑張らないと。。。
01/09/07 22:39:18
Add Comments
:

:

トラックバック
DISALLOWED (TrackBack)