Complete text -- "問題児な脳漿鞣し革"

12 January

問題児な脳漿鞣し革



現在、姉妹ポーチを製作中です。同じデザインなんですが、各々違う人の手元に行きます。そしてこれらを持つ人同士、何の縁もゆかりもありません。
一つは群馬のタツさんの手元へ。
もう一つはアイオア州のディキシーさんの手元へ。
この二人が居なかったら、今回の熊鞣しはなかったです。
お二人に共通していた事は、自分ですべてを引き受ける覚悟のあるところ。つまり、人のせいにしないところ。言い換えれば、見返りを求めないところ(笑)。
ということでそれぞれお礼の意味を込めて作りました。
これはOGLALAではなく、初の岡居宏顕ブランドになりそうです。商品では無く、作品。

タツさん、ディキシーさん、僕。この三人が居て、熊の鞣しが出来ました。もちろん、他にも沢山の人の助力等あったわけですが、中心はこの三人。
ということで、使用した革はディキシーさんの鞣したドライ・スクレイプド・ディアー。デザインはタツさんから頂いた熊から得たビジョン。製作は僕。デルタの一辺は繋がっていないけど、同じデザインのポーチを持つ人間どうし。

ちょっと良い話でしょう?


脳漿鞣しの革は繊維がスポンジの様になります。なので慣れるまでは大変。ビーズしにくい革です。自分の力の無さがモロに出て来ます。
昔、経済的に材料が買えなかった頃、ティッシュペーパーにビーズをして練習していた頃があります。まさにその感覚。上手く繊維の絡まりを掴まないと、繊維がほどけて破れます。
ビーズがしやすい革かどうかは、針が刺さりやすいかどうかだけでは無いと思います。他の要素も沢山あります。それで考えると脳漿鞣しは必ずしもビーズがやりやすい革ではないと思います。
ある理由から、矢鱈滅多らと指に針を刺してしまうんですよ。脳漿鞣しのを使っていると。

でも好きなんですよ。特に理由無し。好きなんだから仕方ないよ、って感じですね。




12:31:15 | hilo | |
Comments

hUDvWCnhm wrote:

Viime aikoina on ollut tapetilla asetaldehydi syavlä¶aÃraplisena aineena alkoholissa. Sitä on kuitenkin ilmeisesti myös jossain ruoka-aineissa. Onko jotain ruoka-aineita, joita kannattaisi tämän vuoksi välttää?
07/15/16 12:40:50
Add Comments
:

:

トラックバック
DISALLOWED (TrackBack)